このブログではおがた農園に加え、『Organic Cafeそらのもり教えてママ』の情報を発信していきます。
■そらのもりは毎週火曜日営業中です
■10月28日(土)今年は何になる!?毎年大盛況のハロウィーンパーティー!お申し込み締め切り10/21(土)詳細はコチラ
■10月31日(火)12:30-14:00
私が見た世界第5回〜アフガニスタンの女性に直接きこう!
彼女が5歳のときにタリバン政権から教育を奪われました。詳細はコチラ
■11月3日(祝・金)10:00-15:00@commune6(東区戸島西4-5-29英語でお買い物〜English Market 初開催!
■11月13日(月)家庭ですぐにできる手当勉強会
子どもが怪我をしたとき、病気で病院に行こうかと迷う時、知っていたらそれだけで変わります。ぜひ一度お越しになりませんか?詳細はhttp://ogatanouen.blogspot.jp/2017/10/10.html
12月は11日(月曜日)開催
■11月14日(火)「海外事業・英語絵本読み聞かせテクニックをつかもう!」
英語児童書専門文庫(ストーリランド)を保持している長崎活水女子大学・児童英語教育法専門 政次カレン先生(代表研究は英語絵本読み聞かせテクニック)をお招きします。詳細はコチラ
■11月18日(土)14:00-16:00 わかちゃんの性教育講座第3回 詳細はコチラ
■11月25日(土)12:50-14:20とにかく話そう!90分間英語漬け! 詳細はコチラ
※木曜クラスの受講生募集中詳細はコチラ
ご興味のある方がいらっしゃれば、最初からがオススメです!

2017年5月17日水曜日

教えてママ【無料体験】6月クラスがスタートします!


教えてママ!無料体験会を開催します。

・自分磨きをしたいママ、
・英語の苦手意識を克服したいママ、
・そして子どもに自然な英語環境を与えたいママ達が学ぶ、

ママ専用の英語教室です。

小学校での英語が必修科目となり、英語への関心が益々高まっています。日本人が英語を話せないのは日常的に英語を使う習慣がないからです。
でもママには子どもがいます!
毎日5分の英語のやりとりで、自宅で英語を話す事を習慣にしませんか?
実際に使える英語を学びたい、子供にも学ばせたい!というママにおすすめ。
日常の声かけや絵本の読み聞かせなど、家の中ですぐに使える英語から学びます。


【どうしてママが学ぶの?】
子どもはママが大好き!ママがやっていることは何でも真似したがります。子どもとのやりとりが一番多いママが、いつもの話しかけを5分、英語にかえるだけで
子どもは自然に英語に興味を持ち、真似するようになります。
ママが学ぶ背中をみることで、英語だけでなく、学ぶ事全般に肯定的になれます。
幼少期から正しい発音や「学ぶ楽しさ」を伝えるのにもピッタリ!
詳細はこちら
oshietemama.com

最近のおがた農園

シイタケをカフェで使う分だけ育てています。

野いちごは、ひとりでにいつもできるのでさすがだな〜
カフェのデザートの引き立て役です。

ふきも育っています。
これは父がせっせと自家製の肥料をまいているので、
自然ではなく、むしろ育てていると言って良いでしょう。

こんな立派なシイタケが採れます^^

2017年5月15日月曜日

5月の手当会が開催されました!

手当会が開催されました!

今日は初めての方が多く、
身体を緩める、力を抜く ということが、
どれだけ難しいかを感じました。

操体法をして身体の歪みを整えて、

頭蓋仙骨療法の基本を学びました。

いつの間にか寝てしまった方もいらっしゃって、

ゆったりとした時間をすごしました。

今日のランチも格別。
朝採りのせりと玄米のいなりずし
採れたてそらまめ
ふきのお茶味噌の煮つけ
ジャガイモとニンニクの芽のおやき
ほうれん草&えのき&納豆&自家製梅干しのあえもの
タマネギまるごとトマトスープ&採れたのグリンピースのスープ。
その他サラダやコンニャクなど

全部おいしかった!!!!

特にグリンピースが甘い!
空豆は、採れたてだから、
外の皮も柔らかくて食べれる。
ふきはシャキシャキ感がたまらない。

デザートも。

自家製小豆のぜんざいに、野いちごのせ。
よもぎと、キビ砂糖をそのまま粉にしたものをまぜた
シフォンケーキ。

あ〜しあわせ。

手当して、全身緩んで、眠くなっちゃった〜

次回の手当会は6月12日月曜日に開催します。


2017年5月14日日曜日

ママが子ども楽しむ英語教室・教えてママ【託児有】無料体験会


ママが学ぶと世界が変わる!教えてママ

無料体験会を開催します。

・自分磨きをしたいママ、
・英語の苦手意識を克服したいママ、
・そして子どもに自然な英語環境を与えたいママ達が学ぶ、

ママ専用の英語教室です。

小学校での英語が必修科目となり、英語への関心が益々高まっています。日本人が英語を話せないのは日常的に英語を使う習慣がないからです。
でもママには子どもがいます!
毎日5分の英語のやりとりで、自宅で英語を話す事を習慣にしませんか?
実際に使える英語を学びたい、子供にも学ばせたい!というママにおすすめ。
日常の声かけや絵本の読み聞かせなど、家の中ですぐに使える英語から学びます。


【どうしてママが学ぶの?】
子どもはママが大好き!ママがやっていることは何でも真似したがります。子どもとのやりとりが一番多いママが、いつものはなしかえを5分、英語にかえるだけで
子どもは自然に英語に興味を持ち、真似するようになります。
ママが学ぶ背中をみることで、英語だけでなく、学ぶ事全般に肯定的になれます。
幼少期から正しい発音や「学ぶ楽しさ」を伝えるのにもピッタリ!
詳細はこちら

oshietemama.com

名医は虫歯を削らない


最近私が読んで、ショックを受けた本。
そんな・・もう、削っちゃったよ・・

歯だけ、自然治癒しないなんて、
よくよく考えればおかしな話だったんだ・・

やっぱり自分で勉強しなきゃいけないなー

「病気になったら病院にいけばいい、
と思っている人もいるかもしれません。
でもそれでは遅すぎます。
そもそも莫大な治療費を払いながら体調が優れないまま
生きていくなんてもったいないと思いませんか?」

本文より
詳しく本文をまとめているサイトをみつけました↓
http://healthpress.jp/2016/12/post-2724.html

2017年5月1日月曜日

川の氾濫の原因は?

田んぼの横に流れる川が大雨になると氾濫します。
去年は今までにない、大雨で氾濫して

人力ではどうにもできない大きな石やごみなどが、

田んぼに流れ込み、
お米が取れない場所もありました。

今年は台風に備えて、
水量が増えた時に竹やぶが水をせき止めるので、
それを防ぐ為に、
竹を切って周りをきれいにする作業を行いました。


チェンソーで竹をどんどん切っていきます。
切った竹も、
ツルがからんで、簡単には竹を取り除けません。

姉は竹を取り除くのを手伝っているのか・・?
カゴを作る為にツルを採っているのか・・?

最終的に寡黙な父に

「みほ、つるを採るのは別の時にしてくれ」

と注意される始末。

こんなにきれいになりましたよ!

とっても頑丈なつるがあったので、
本気のターザンができました。

こっちの岸から、川の向こうへ
あっああ〜〜
大人がターザンしても切れません!


子ども達も、率先して手伝ってくれます、
「こっちひっぱって!」と
私が使われたりするので笑える。

一緒に川に入るので、
姉は子ども達に

「溺れたら大きな声出すのよ!」

と言います。

確かに、
「溺れない様にね!」


と言われるより、行動しやすい気もするね〜

益々ワイルドに育っております。